About Me

Kei Kasukawa Eriksen (エリクセン粕川 恵)

アメリカで、フルタイムで働く母親として一家を支えることになった事がきっかけで、「自分をどうやって持続可能な状態にしていくか」が日々の大事なテーマになりました。人との対話に生きがいを感じるものの、Introvert(内向的人間)でもあるので、自分チャージをする一人の時間は必須。日々試行錯誤しながら暮らしています。学ぶこと、育てること、観察すること、聴くこと、本質を見つけることが好き。

  • 20年近くにわたる教育・人材開発分野での経験、コーチングの要素を生かした個別セッションやファシリテーションを400人以上の学生や社会人に対して実施。日米において、リーダーシップや自己開発のワークショップを多数行う。 米国バーモント州のSchool for International Trainingにて国際教育学修士(Master of Arts in International Education)取得。PYE GlobalのHeart of Facilitationコース修了。アメリカのコーチング機関の老舗CTIのCo-Active Coach Trainingコース修了。U.S.-Japan Council カウンシルリーダー。現在はリーダーシップ教育専門組織のiLEAPチーフプログラムオフィサーとしても活動中。
  • 20代後半まで富士山が見える東京の多摩地域で育つ。現在はワシントン州シアトル在住。
  • よく立ち返る言葉は、 マインドフルネスで著名なペマ・チョドロンの“Nothing ever goes away until it has taught us what we need to know. (私たちが学ぶべきことを教え終わるまでは、何も消えていかない。)” 起きたことに対し、勇気を持ち対峙して、そこから得るべきものを得ないことには、同じような物事は繰り返し起こる、と解釈しています。

最近の活動(2020年~)

アメリカ在住15年目。海外に暮らしているからこそ見えてきたものを、グローバルキャリア塾・連載コラム「海外で自分の声を見つけるまで~Finding my voice through living abroad」で2020年から連載しています。

今までの活動(一部抜粋)

掲載記事など

ポッドキャスト

  • Seattle Sushi Bar Talk  シアトルの寿司バーに座って地元のゲストとのおしゃべりを聴いているようなポッドキャスト。第15回目のゲストとして招待され、セルフサステナビリティについて、オンラインでの場づくりや人材育成についての対談をしました。(2021年5月収録)